本文へスキップ

富士ヶ丘サービス株式会社は、静岡県磐田市のサービス付き高齢者向け住宅を3棟運営する会社です。

TEL. 0539-62-4008

〒438-0114 静岡県磐田市合代島994-2

磐田市サービス付き高齢者向け住宅「ふじがおか」トップページ > 採用情報・人事関連情報 > 役割等級規程

役割等級規程

富士ヶ丘サービス株式会社の役割等級規程を公開しています。

(目  的)
第1条  この規程は、人事管理上の規範となる制度であって、公正に評価された役割遂行能力に見合う等級への格付けを通じ、職員の適正な処遇を行うとともに職員みずからの能力開発と人材育成を促進することを目的とする。
 
(適用の範囲)
第2条  この規程は、就業規則第4条第2項に定める正社員に適用する。

(用語の定義)
第3条   この規程において用いる用語の定義は、次による。
1) 職務 各人に課される仕事の集まりのことをいう。
2) 役割 当該等級の職員が取るべき行動を述べたものをいう。
3) 職種 職務を遂行するために必要とする知識・技能など役割遂行能力の共通性、類似性および人事管理上同一の基準が適用される役割群をいう。
4) 等級 職務遂行能力と職務内容により、段階を設けて職員を処遇する区分のことをいう。
5) 昇格 職員を上位の等級に格付けすることをいう。
6) 降格 職員を下位の等級に格付けすることをいう。

(等級の区分)
第4条  会社の等級は、役割段階に応じて次の7等級に区分する。
1) 1〜2等級 ・・・・・一般職(Jクラス)
2) 3〜4等級 ・・・・・監督職(Sクラス)
3) 5〜7等級 ・・・・・監督職(Mクラス)
2  役割等級の格付判定基準は、別表(1)役割等級フレームに定めるところによる。
3  役割要件基準は、別表(2)役割要件書に定めるところによる。

(採用時の格付)
第5条  職員の採用時における等級への格付は、次の通りとする。
1) 高校 ・・・J1等級11号
2) 専門学校、短大卒 ・・・J1等級14号
3) 大学卒 ・・・J1等級16号
4) 中途採用者
本人の履歴、知識、技能、経験、能力および年齢などを総合的に勘案して、職員との均衡をはかり決定する。ただし、一定期間(1年以内)に限り、仮格付とすることがある。

(職位との関係)
第6条  職位との対応関係は、原則として次のとおりとする。
1) 部長 M7等級1号以上
2) 課長 M5等級1号以上
3) 主任 S3等級1号以上

(昇格の原則)
第7条  昇格は、現に在級する等級が必要とする職務遂行能力要件を十分に満たしたと認められ、かつ1つ上位の等級が必要とする役割要件を満たすと認めた場合に行う。

(昇格の時期)
第8条  昇格の時期は、原則として毎年1回8月に行う。ただし、特に必要と認めた場合には、臨時に行うことがある。

(昇格基準)
第9条  等級の昇格は、次の2つの基準のいずれかを満たすことによって行われる。
1) 表(3)昇格基準に定めるところによる。
等級・役割 総合評価 推薦 面接(面接者)
J2 主事 直近1回B以上 不要 合格(主任)
S3 主任 直近2回B以上 不要 合格(課長)
S4 主任 直近3回B以上 合格(部長)
M5 課長 直近2回A以上 合格(社長)
M6 課長 直近2回A以上 合格(社長)
M7 部長 直近3回A以上 合格(社長)


2) 上司や社長の推薦による。

(昇格の手続き)
第10条 昇格は、各管理者より昇格基準を満たした該当者を選出した後、社長が審査し、これを決定する。

(降格)
第11条 職員が次の各号に該当するときは、降格を行うことがある。
1) 就業規則に規定する懲戒処分を受けるとき。
2) 当該資格等級に在籍していることが不適当であると認められたとき。
3) その他前各号に準ずるやむを得ない事由があるとき。

(職務の変更)
第12条 職員の適正または配置転換などにより、職務の変更を行うことがある。

(異動配置の要件)
第13条 職員の異動配置に際しては、該当者の等級と配置しようとする職務の内容を比較検討し、適正な対応関係を維持するよう配慮するものとする。


(改廃)
第13条 この規定の改定は、社長の起案により、取締役会の決議による。


付則

この規程は、平成27年3月1日から施行する。


別表(1)役割等級フレームとキャリアパス
役割定義・職位 役割定義 求められる役割 ポジション 人事評価
一般 J1
一般
日常定型の
役割
企業理念や行動指針を十分に理解する。仲間とよく話し、よく議論し、上長のアドバイスを受けながら、安全でかつ楽しく、目的をもって実践に取り組む。 情意考課

能力考課
J2
主事
判断・
日常定型の
役割
伝達された介護方針の理解を深め、同グループの仲間に、分かりやすい言葉で伝達を行う。判断を求められる場面においても、まずはご介護方針に沿い、介助の実践に取り組む。 デイ兼務生活相談員
サービス提供責任者
住宅副管理者
看護師・理学療法士
情意考課

能力考課
監督   S3
主任
S4
指導・判断の
役割
 ユニットリーダーとして、ご家族の介護方針を顕在化し、常に移り変わる家族の意思に寄り添うための、ご家族コミュニケーションに重点を置く。突発的な出来事に対しても、常に最善の判断と解決策の実践に取り組む。 住宅管理者
デイ管理者
訪問介護管理者
介護支援専門員
成績考課

情意考課

能力考課
管理 M5
課長
M6
管理・企画の
役割
セクションリーダーとして、仲間の身体的・精神的な健康管理に努め、ユニットリーダー以下が働きやすい環境整備を行う。企業論理に捉われず、今後の社会福祉制度のあるべき姿の模索と常に新たな試みの実践に取り組む。 住宅施設長
居宅介護支援責任者
住宅副統括責任者
成績考課
M7
部長
上級管理・
統率の役割
ディビジョンリーダーとして、企業倫理を優先せず、自分の家族に入居を勧められる、サービス品質・量、そして価値を提供するための管理と、提供し続けるための組織統率に取り組む。 住宅統括責任者 成績考課

別表(2)役割要件定義書
富士ヶ丘サービス株式会社の職位・対応役職の役割要件定義書を見る      
J1 一般  J2 主事  S3 主任  S4 主任  M5 課長  M6 課長  M7 部長